受診について

免疫療法とは

免疫療法を受けられる方は、次のことについてご了承くださいますようお願いいたします。

免疫療法を受けられる方へ

  • 本治療は先端的医療のため、保険適用外となります。(治療費については別途お尋ねください。)
  • 当病院はすべて予約制です。あらかじめ御予約のうえお越しください。
  • 原則的に診療情報提供書(主治医からの紹介状)を、また可能であれば各種検査資料(レントゲン・CT等の画像、腫瘍マーカー等の血液検査データなど)をお持ちください。
    何らかの事情で診療情報提供書をご用意できない場合は、事前にお電話でご相談下さい。
  • 服用中のお薬がある方は、現在の処方内容がわかる資料(お薬手帳など)もお持ち下さい。
  • 治療に同意される方は、ご印鑑が必要です
  • 現在、他の医療機関におかかりの患者様は、担当の先生とよく相談して、本治療を受けることに同意をいただいてください。現在おかかりの医療機関で受けている治療法(抗がん剤、放射線治療)で有効なものは中止する必要はありません。本治療と併用することが可能です。

免疫療法の受診から治療までの流れ

ご相談・診察(要予約)

患者様ご本人、もしくはご家族の方が来院され、次のようなことについて医師との相談を行います。

  • 免疫療法の相談全般について
  • 治療法の説明について
  • 免疫療法が適応かどうかの判定について
  • 治療効果の可能性などについて
↓

治療前検査

治療前と治療後に末梢血液像、生化学的検査、腫瘍マーカー、免疫パラメーター(NK細胞活性、 リンパ球・NK細胞表面マーカーなど)、胸部X線、CT、超音波検査などを必要に応じて行って、 総合的に経過を観察していきます。 

  • 血液検査
  • 生化学的検査
  • 腫瘍マーカーの測定
  • NK細胞活性の測定 など
↓

採血(50ml)、培養

患者様から血液を50ml採血し、細胞培養センター(CPC)にて培養作業が行われます。 培養開始から2週間で、リンパ球とNK細胞の数は平均して約10〜45億個まで増えており、十分にがんと戦うことのできるレベルに達します。※患者様によって個人差があります。

↓

治療開始(採血より2週間後)

採血から約2週間後に、第1回目の治療を行ないます。 培養後、増殖・活性化した免疫細胞を、点滴注射により患者様自身の体内に戻し治療を行います。患者様にはヒーリング音楽の流れるリクライニングチェアで、リラックスして治療を受けて頂きます。治療は6回で1クール。1クール終了後に、効果測定を行ないます。

治療の流れ

再発のきざしがない場合、1〜3ヶ月に1回維持療法として治療を行います。維持期間については担当医とご本人、ご家族様と相談の上決定いたします。3〜5年続けて経過観察をします。1回目の治療は、採血した日から2週間後に行います。患者様の状態によっては、間隔を変更する場合があります。