トップページ > 健診・人間ドック > 肺がん・肺気腫・消化管健診

肺がん・肺気腫・消化管健診

わが国では、がんによる死亡者数が年々増加傾向にあり、中でも肺がんによる死亡者数は第一位となっています。早期がんは従来の胸部レントゲン検査だけでは発見が難しいこともあり、最近ではCTによる検査で見つかるケースが多くなっています。
また、喫煙により肺胞が破壊されて肺の中が穴だらけになる肺気腫も、CT検査でよくわかります。当院では、CT検査・喀痰検査・肺機能検査を組み合わせた“肺がん・肺気腫早期発見コース”を実施しています。
ヘリカルCT検査イメージ

検査内容

喀痰細胞検査

痰の中に含まれる気管支の粘膜からはがれた細胞を調べて、がんであるかどうかを検査します。

ヘリカルCT

体の軸を中心にらせん状に胸部を短時間で撮影します。(検査時間:約30秒)
X線検査では写らない早期のがんを発見するのに有効です。

消化器早期がん健診

上部消化器・下部消化器内視鏡検査

消化器ドック

上部消化器内視鏡検査
下部消化器内視鏡検査(大腸検査)
胃透視検査

がん部位別死亡の順位

  男性 女性 男女計
1位 肺癌 大腸癌 肺癌
2位 胃癌 肺癌 大腸癌
3位 大腸癌 膵臓癌 胃癌

国立がん研究センター 2016

健診・人間ドック

  • 健康管理部の理念・基本方針
  • 職員構成・スケジュール
  • 人間ドック
  • 政管健保健診
  • 健康診断のご案内
  • 肺がん・肺気腫・消化管健診
  • 特定健診・特定保健指導について
  • 特定健診規定概要
  • 特定保健指導規定概要
  • オプション検査項目
  • がんの免疫療法
  • 健康診断のご案内