トップページ > 診療案内 > TQM活動


呼吸器疾患の解説


Ⅰ.呼吸器の病気についてのアドバイス

呼吸器の病気には、時折かかる風邪症候群から、比較的稀な間質性肺炎といったいろいろな病気が有ります。
幾つかの疾患をここに解説しますので、参考にされ、心配な症状があれば、当院の呼吸器内科医を受診し相談して下さい。

1. 受診を要すると思われる呼吸器の病気に関連する症状を列記してみます。
① 2週間以上続く咳、
② 1週間以上続く黄色痰、
③ 悪寒(ふるえ)、38度以上の発熱、
④ 1週間以上続く微熱、
⑤ 1週間以上続く寝汗、
⑥ 労作時の息切れ、
⑦ 胸痛、
⑧ 血痰    など。

2週間以上、咳が続くような場合は、病院を受診し検査を受けて原因を明らかにする必要があります。原因には、種々の病気、肺癌、肺結核、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺線維症、気管支喘息、咳喘息などがあります。診断には胸部レントゲン、胸部CT、血液検査、肺機能検査などを総合する必要が有ります。呼吸器内科を受診して下さい。

Ⅱ.各種疾患の特徴

1.慢性閉塞性肺疾患COPDとは?

COPDは、慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれ、日本には500万人以上のCOPD患者さんがいると推定されています。 COPDは、タバコなどの有害な物質を吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。その結果、肺での空気の出し入れがうまくいかなくなり、通常の呼吸ができなくなって息切れが起こったり、咳や痰が慢性的に出たりします。診断には、胸部レントゲンではわかりにくく、CTスキャン、それに肺機能検査が有用です。治療は、まず禁煙をして、症状を緩和する内服薬や吸入薬を処方してもらって下さい。根本的には治らないので、タバコを吸い続けると病気は進行し続けます。

2.気管支喘息・咳喘息について

気管支喘息はダニやハウスダストなどに対するアレルギーのことが多く、ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸時の異常音や呼吸困難が発作的に起こる病気で、発作は特に夜中から朝方にかけて強くなります。気管支のケイレンが原因です。診断には発作時の聴診と肺機能検査が有用です。治療には気管支拡張薬、炎症を抑える副腎皮質ホルモン剤の両方が必要です。気管支喘息は体質的な病気ですので、一度良くなっても季節により、またカゼを引いたりして発作が起こる時も有ります。発作時の治療も必要ですが、症状がない時の予防的な吸入薬が必要な時もあります。
咳喘息は、カゼを引いた後などに痰を伴わない咳が数週間以上続くことが有ります。診断には詳細な病歴が必要ですので、受診して担当医に症状をしっかり説明して下さい。治療には気管支喘息と同様の薬を使用することも多いです。一部の人は気管支喘息に移行するとも言われています。

3.かぜ症候群、急性上気道炎、感冒は同義語

主にウイルスが感染することにより、のどの痛み、鼻水、咳、発熱、頭痛などの症状を呈する上気道の炎症。数日で免疫の自力獲得で治ることが多い。特効薬はなく、症状緩和にいわゆる風邪薬を使用します。予防薬も存在しません。症状が1週間以上、長引く場合は気管支炎、肺炎を併発することも有り、診察を受ける方が良いでしょう。

4.インフルエンザについて

かぜ症候群の一種と考えても良い。インフルエンザウイルスの飛沫感染により、いきなりの寒気、発熱、頭痛、筋肉痛、少し遅れて咽頭痛、鼻水、咳などが出現。ウイルスなので数日でひとりでに良くなることが多いが、新型のウイルスや体力低下時には重症化するおそれも有り、数種の抗インフルエンザ薬が開発されていますから、発症後48時間以内に内服薬(あるいは吸入薬、点滴薬)の処方を受ければ、早めに改善します。また、予防にはワクチン接種も有効であり、流行期の数カ月前に(当院では10月から12月にかけて)病院で受けれますが、4000円程度の有料です。

5.急性気管支炎

風邪に引き続いて起こることもあり、多くは細菌感染で、発熱、咳や痰(黄色)が風邪のときより症状が強くなります。レントゲン上は異常な陰影はなく、治療は病院で去痰剤、鎮咳剤と共に適切な抗生剤を処方して貰う必要があります。

6.肺炎とは

一般には細菌性肺炎のこと。肺炎球菌、その他の菌により、正常な人でも風邪の後などに肺炎を起こすことがあり、市中肺炎といいます。入院中の人が肺炎になると院内肺炎、高齢者が食べ物の誤嚥や、寝ているうちに唾液が気道に流れ込んで起こる誤嚥性肺炎などが一般的な肺炎です。高齢の方は、元気が無い、食欲が無いという症状で肺炎の時があり、肺炎に気づきにくいことも少なくありません。レントゲンやCTスキャンの検査が必要です。予防には、肺炎球菌ワクチンがありますが、8600円程度の料金です。現在、65才以上で70,75,80,85才と言った年齢には円で接種できるように、ハガキが届くようになってます。

7.肺結核について

結核は1950年代までは日本で死亡率第一位の疾患でした。現在では有効な薬が開発され、ほとんどが治癒しますが、進行すると治りにくく、高齢者など体力低下時は死亡する恐れもあり、早めの診断が必要です。人から人へ感染しますので、咳が2週間以上続く、微熱、寝汗、黄色痰などを認める場合は、レントゲン検査を受ける必要がありますので受診して下さい。

8.間質性肺炎、または肺線維症という病気は難しい病気!?

肺炎と間質性肺炎は原因も違いますが、炎症の起こる部位も違います。間質性肺炎は、さまざまな原因から肺の中の肺胞壁に炎症や損傷がおこり、壁が厚く硬くなり(線維化)、呼吸がうまくできなくなる病気です。特徴的な症状としては、安静時には感じない呼吸困難感が、坂道や階段、平地歩行中や入浴・排便などの日常生活の動作の中で感じるようになります(労作時呼吸困難)。季節に関係なく痰を伴わない空咳(乾性咳嗽)で悩まされることもあります。長年かけて次第に進行してくるので自覚症状が出るころには病状が進行していることもあります。  間質性肺炎の原因には、関節リウマチや皮膚筋炎などの膠原病(自己免疫疾患)、職業上や生活上での粉塵(ほこり)やカビ・ペットの毛・羽毛などの慢性的な吸入(じん肺や慢性過敏性肺炎)、病院で処方される薬剤・漢方薬・サプリメントなどの健康食品(薬剤性肺炎)、特殊な感染症など、様々あることが知られていますが、原因を特定できない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎(特発性肺線維症)」といいます。その診断は、肺機能検査、血液検査からなる臨床情報、胸部レントゲンや高分解能CT、更には外科的な肺生検からえられる病理組織情報から総合的に行います。治療は特効薬がまだありませんが、状況に合わせて治療を考えなければなりません。当院呼吸器内科医に相談下さい。

いろんな呼吸器疾患がありますが、治療には診断が必要であり、いくつかの検査を組み合わせて診断する必要がありますので、症状があれば放置することなく、受診して検査を受けてください。

病院案内

  • 診療案内
  • 外来医師担当表
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • リハビリテーション科
  • 訪問看護
  • 臨床検査科
  • 放射線科
  • 薬剤科
  • 禁煙外来
  • 医療相談室のご案内
  • がんの免疫療法
  • 健康診断のご案内

財団法人日本医療機能評価機構認定病院(Ver.6.0)